漢方の香り

「タナココの香り」を作って頂いたので香りについて少し。

漢方と香り

漢方薬には独特な香りがあります。煎じ薬は特に。

「気」「血」「水」はからだを構成する重要な要素ですが、そのうち香りは「気」に働きかけることができます。

色々思い悩んだりして鬱々としている時に、ミントのスーッとした香りを嗅ぐと、胸の中で滞っていた何かがスッと消える経験をしたことはないでしょうか。

漢方でも気の滞りを取り除く時にミント(薄荷)を使用しますし、薄荷以外にも色々な香り高い生薬が存在し、気の滞りを取り除くために使用します。

そのため漢方にもアロマテラピーのような効果があるとされています。

タナココでは漢方をお飲みいただく際には、基本的に「煎じ薬」をおすすめしていますが、それは煎じる時の香りも効果の一つとして考えているからです。

「香り」を感じる嗅覚は視覚や聴覚などの他の五感とはことなり、本能に直接作用するので、心や体に働きかける効果は絶大です。

漢方を飲む際は、「煎じ薬」がおすすめですので一度お試し下さい。