排卵日前後の体調不良

排卵出血<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

排卵日前後の体調不良

排卵日前後の体調不良は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因で体調不良が起こることがあります。

排卵日前後は、子宮内膜を厚くし、卵胞を発育させるために中心となっていたホルモンである「エストロゲン」が減少し、内膜の厚みを維持・成熟させて着床の準備をするホルモンである「プロゲステロン」への切り替えが行われるタイミングで、このとき「排卵」が起こります。

排卵期ではホルモンの変化が急激に起こるため、この変化に体が対応できないと体調を崩してしまいます。

不調の原因の1つに、女性ホルモンが自律神経との関わりが深いことが影響していています。排卵期でのホルモンバランスの急激な変化により、自律神経が乱れ、そのことで体調不良がみられます。

自律神経は体の無意識な部分の調整を行なっているため、自律神経が乱れると様々な症状がみられます。言葉にしにくい不調であることも多く、日常生活への影響が大きいこともしばしばです。

 

実はこれは PMS の症状の1つでもあるのです。

 

PMS は月経開始1週間ぐらい前から起こるものと思われている方も多いのですが、PMS の症状が「排卵期」に起こることもあります。

 

PMS のパターン

PMS にはいくつかのパターンがあることが知られています。

PMS<相模原 妊活・不妊治療 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

Premenstrual Dysphoric Disorder」より引用

ひどい場合は、上の図の「D」のようなケースもあります。

この場合、排卵期から月経終了まで PMS の症状が続くことになり、そうすると体調が良い時期が1ヶ月のうち月経終了から排卵までの約1週間しかないという凄まじい状況で生活することになります。

実際にこのようなタイプの PMS で相談に来られる方もおります。

 

排卵日特有の症状

排卵日には、この時特有の症状が見られることがあります。

1つは排卵痛、でもう1つは排卵出血です。

 

排卵痛

排卵日に見られる体調変化で多いのが「排卵痛」です。下腹部に痛みが見られますが、その痛みは張ったような痛みであったり、チクチクする痛みだったり、痛みの感じ方は一定ではないことも多いです。子宮内膜症などがある方では、この排卵痛の程度が強い事もあります。

排卵痛に痛み止めが効果があることもありますが、痛み止めには排卵を抑制する作用もあるため、妊活をしている方は注意が必要です。排卵時にはまた痛み以外に眠気や嘔気、だるさ、腰痛などがみられることもあります。

排卵痛の原因はいくつか考えられますが、卵胞が発育することでみられる卵巣の腫れによるものや排卵時に卵胞が破れて起こる痛み、卵胞が破れた時の卵胞液や血液がお腹を刺激して起こる痛みなどが原因と考えられています。


排卵出血

排卵日の前後2~3日に少量の出血が見られることがありますが、卵胞が破れた際の出血で、月経時のような出血ではありません。このほかホルモン分泌量の急激な変化により、子宮内膜の一部が剥がれて出血を起こすことがあります。

 

通常、軽度の排卵痛や排卵出血であれば心配はありませんが、鎮痛剤が必要になったり、月経時ではないのに月経時と同じような出血への対応が必要になる場合は、診察・治療が必要になることがあります。特にかなり強い排卵痛、次第に増強する排卵痛、さらに月経痛も強ければ注意が必要です。

 

排卵期の不調の改善のためにできること

中医学的には、体に何かしらの不調があり、ホルモンの切り替えや排卵などの変化がスムーズに起こりにくくなると、痛みなどの症状が現れると考えます。

排卵の時期は、卵胞ホルモン→ 黄体ホルモンへの切り替えで、中医学的には体内は「陰」から「陽」へ切り替えが行われます。これを「陰陽転化」と言います。

この切り替えがスムーズに行われないと、排卵期に様々なトラブルが起こります。

 

変化がスムーズに起こりにくくなる原因には、瘀血、気滞、気虚、血虚、腎虚などが考えられます。

もし、月経前後ではない時期の不調で月経から14日前後に見られる不調の場合は、ホルモンバランスの変化がスムーズに行われずに起こっている不調の可能性があります。

 

痛みや出血が頻繁ではない場合、検査しても特に異常がないと言われた場合、漢方で体内の「陰陽転化」がスムーズに行われる様にサポートすることで、症状が楽になっていくことも多いです。

この際、基礎体温を測定しておくとホルモンバランスが乱れているかどうかの手がかりになりますので、測定・記録できる方は日頃から習慣づけておくと良いと思います。

 

排卵期の不調でお悩みの方で、西洋医学的な治療法が難しかったり、妊活中で痛み止めが使いにくかったりする場合は、中医学的なアプローチでのケアが役立ちます。

症状改善のためのお手伝いをしますのでご相談ください。

 

このほか、漢方が苦手な方、冷えが気になっている方などは、「アロマ足湯+メディカルハーブティー付きの漢方よもぎ蒸し」がおすすめです。

よもぎ蒸しに使用する生薬は、その時の症状やその日の体調によって、生薬のブレンドを考えて、一人ひとりに合わせてお作りしています。

中医学の専門家が作ったその人のための「オリジナルのよもぎ蒸し」です。一般的なよもぎ蒸しとは一味違いますのでぜひお試しください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

採卵数の予測

次の記事

長引く咳