妊活中の痛み止め

痛み | 相模原漢方薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

妊活中の痛み止めは慎重に

妊活中の痛み止めの服用は慎重にする必要があります。

2001年に痛み止めでの使用上の注意が改定されました。これは痛み止め(非ステロイド性消炎鎮痛薬=NSAIDs)を長期服用していた女性に一時的な不妊が認められたという海外の症例報告があったためで、これを受けて、厚労省が痛み止めの添付文書を改定するよう製薬メーカーに指示し、それ以降痛み止めの添付文書の注意書きには「不妊」が追記されることになりました。

慎重 | 相模原漢方薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

なぜ注意する必要があるのか

「痛み止め」の服用による不妊が起こるのは「痛み止め」が「排卵」を抑制するためです。

痛み止めは「発痛増強物質」である「プロスタグランジンE2」をつくる酵素である「シクロオキシゲナーゼ(COX)」の働きを邪魔します。

そうすると「プロスタグランジンE2」が作られなくなるため「痛み」が和らぎますが、同時にプロスタグランジンE2は「排卵」を促進する物質でもあるため「痛み止め」を服用すると「排卵」が起こりにくくなります。

そのため卵胞が大きくなっているにも関わらず「排卵しない」つまりは「不妊」という現象がおこります。

 

もう少し詳しく言うと、「痛み止め」が邪魔をする酵素である「シクロオキシゲナーゼ」には「シクロオキシゲナーゼ1(COX1)」と「シクロオキシゲナーゼ2(COX2)」がありますが、排卵前期の卵胞には「COX2」が発現して、「プロスタグランジンE2」の合成を促進します。そのため「痛み止め」を服用すると、「COX2」が阻害されて、卵胞が成熟しているにもかかわらず、排卵されずにそのまま「黄体化」する状態となります。そのため、卵胞が成熟し排卵の指令が出ているにも関わらず、卵胞が破裂しない=「黄体化未破裂卵胞(LUF)」を引き起こし「不妊」となってしまいます。

 

生理痛や頭痛などで痛み止めを常用している方は少なくありません。妊活中でも痛み止めが必要な場面が出てくると思います。頭痛や生理痛、発熱などで痛み止めを妊活中に使用したい場合でも、基本的に月経開始〜低温期(排卵数日前まで)は服用しても妊娠率には影響しません。

注意して欲しいのは「排卵2日前〜排卵日」までの期間です

特に排卵がなかなかされなくて困っているという方は痛み止めの使い方を見直す必要があります。

排卵 | 相模原漢方薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ 

goo辞書 受精と排卵のメカニズム」 より引用

不妊治療で採卵前の排卵抑制にボルタレンなどの痛み止めを使用することもありますので、痛み止めの影響は小さくありません。

妊活中の痛みをコントロールする方法

この場合は漢方・鍼灸・接骨などの統合医療・補完代替医療を利用するのが安全な方法です。痛みのコントロールは西洋薬のみができることではありません。

また、妊娠後の鎮痛薬についても同様に慎重になる必要があります。今まで妊娠中でも唯一使えるとされてきたアセトアミノフェンも近年は生まれた子どもの自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの発達障害の発症リスクを高めることが示されてきているため使用は控えるべきだという研究報告が増えています。

漢方・鍼灸・接骨を活用

近年、妊娠中(時期によっては)の服薬は大丈夫とされてきた薬が、胎児への影響が「実はあった」とする報告が増えています。

高温期に入ると、妊娠の可能性のある時期ですので、西洋薬の服用は慎重にする必要があります。漢方・鍼灸・接骨などの統合医療・補完代替医療を利用しながら服薬をせずに済むようにサポートしますので相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院にご相談ください。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ

タナココ

▼関連記事▼

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

 

前の記事

喫煙と精神疾患の関係

次の記事

ARTと精神的サポート