移植と子宮内膜の厚さ

子宮内膜の厚さ<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

子宮内膜の厚さ

子宮内膜の厚さについてはこれまでにも何度か触れています。

西洋医学的には移植に適切な子宮内膜の厚さに関する報告は多数あります。多くの専門の施設はこれらのデータをもとに移植の可否について判断しているのだと思います。

新鮮胚移植、凍結融解胚移植で多少異なったりすることがありますが、一般的に7〜8mmが目安になると思います。この厚さを境界として、出産率のデータに差が見られます。

また、薄い子宮内膜は、着床率以外にも低出生体重児との関連の指摘されているため、厚い方がよいとも言われています。

子宮内膜が厚くならない原因として、手術や処置などによる子宮へのダメージや、感染症、血流の低下などが考えられいます。

 

子宮内膜を厚くするために試みられている方法に、エストロゲン補充、ビタミン剤、シルデナフィル、低容量のアスピリンなどがあります。

しかし十分な効果が得られないこともあり、薄い子宮内膜改善の決定打とはなっていません。

 

一方で、子宮内膜が薄いアッシャーマン症候群の場合は、通常の基準では判断できませんし、人工授精の場合では、子宮内膜の厚さと妊娠率は関係ないとする報告もあります。

 

子宮内膜がなかなか厚くならなくても、実際に妊娠に至った方はいらっしゃいますし、子宮内膜に関する研究でも、子宮内膜の厚さの基準を決めるのは難しいとしている報告もあります。なかなか厚くならなくても暑さが全てではありませんし、悲観する必要もありません。

内膜があまり厚くならず、着床しないのは内膜が薄いため、と考えるのは正確ではありませんが、厚くならない場合は、子宮内膜の質へのアプローチを考えた対策が必要になります。


西洋医学的には「厚さ」しか判断する基準はありませんが、中医学では子宮内膜の「質」を考えた処方を考えることができます。

また、子宮環境だけでなく、体と心のバランスも考えながら西洋医学では得られない視点でアプローチできるメリットもありますので、妊活にはぜひ漢方を取り入れてほしいと思います。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

リンチ(Lynch)症候群