男性不妊は不妊原因の半数に関与

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

男性不妊とは、不妊の原因が男性側にあることをいいます。なかなか妊娠しない場合、男性因子の関与は約半数と言われています。

原因はいろいろありますが、良好な精子を作ることができなかったり、精子の通り道が詰まったり、このほか、年齢(加齢)、高温環境、喫煙、過度の飲酒、肥満、ストレスなども原因とされています。

これらは活性酸素による精子のDNAが損傷することが原因で、受精率の低下や着床不全など、不妊の原因に繋がると考えられています。そのため、精巣には活性酸素を除去する仕組みがあります。

 

一方で、活性酸素は体内に存在するもので、精子の成熟などに不可欠なものでもあります。ですので活性酸素を除去「しすぎる」ことは、体内の「酸化」と「抗酸化」のバランスを大きく崩すことになります。重要なのは、精液中の「酸化」と「抗酸化」のバランスであり、抗酸化側に「大きく」傾いた場合、精液データが悪くなるするとの報告もあります。

 

とはいえ、現代の生活環境は「酸化ストレス」が過剰であり、生活習慣に問題がある場合は、改善していく必要はあります。男性不妊の方に対し抗酸化作用のあるビタミンEのサプリの摂取で、出産率が改善したという報告もあります。

男性不妊が疑われる場合は、生活習慣を見直し、酸化ストレス過剰の原因を減らすことが大切です。これが妊娠への第一歩となります。

漢方でも、生活習慣が乱れている方には、一つひとつ問題点を改善しつつ、処方の中には抗酸化作用のある処方、生薬を取り入れて作ることで、男性因子の改善に繋げます。

 

妊活は女性だけでするものではなく、夫婦でともに進めていくものです。不妊は女性因子の問題だけでなく約半数に男性因子が関与していると考えられています。

うまくいかない、結果が出ない場合は、男性因子の改善にも目を向けて進めてみてください。漢方でのサポートは男性因子の改善にも効果が期待できますので、合わせて取り入れてみてください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院