採卵できない、採卵できても変性卵

妊娠例・FSHが高い、採卵しても変性卵ばかり<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

採卵できない、採卵できても変性卵ばかり…

せっかく頑張って育てたのにとれたのが「変性卵」ばかりだと悲しくて、妊活のモチベーションも低下してしまいます。採卵の時に変性卵かどうか分かれば良いのですが、採卵して顕微鏡でみてみないと変性卵かどうかわかりません。

 

採卵してとれる卵にはいくつか種類があります。

成熟卵:正常卵で受精できる卵。
未熟卵:正常卵だが成熟していない卵。そのままだと受精できないが、時間が経てば成熟卵になる可能性がある卵。
変性卵:卵の細胞が変性しているため、受精できない卵。

変性卵は高齢になると採卵時にその割合が増えるとされています。

また、以前途中まで発育したものが刺激により大きくなったりすることもあります。エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが乱れている場合にも変性卵になることもあります。

 

当院での採卵できても変性卵ばかりでうまくいかない方の治療例についてご紹介します。


41才、不妊治療歴5年の方のご相談。婦人科系の疾患では卵巣嚢腫(手術済)、子宮腺筋症(軽度)、月経周期は21〜25日です。病院での治療は、採卵しても変性卵ばかりで移植にすすめず、現在は初期胚での凍結卵が2個あります。

AMHが0.1と低く、病院ですぐにステップアップしたほうがいいと言われ、体外受精にのぞむも、治療をはじめてまもなく初期胚で凍結できた卵が2つあるだけで、その後の採卵では変性卵が続き、以降一度も成熟卵がとれていないという状況でした。

ホルモンの検査値では、FSHが40以上と高いことが多く、エストロゲン製剤を使用しなんとかFSHが少し下がったタイミングで刺激をして1〜2個育つものの、毎回変性卵でリセットの繰り返しでした。刺激法も高刺激から低刺激までいろいろ試しており、病院でも難しいかもといわれていました。

卵子の時間の経過による影響、休みなく排卵誘発を繰り返していることの卵巣の疲労に加え、中医学的には腎の働きの低下に加えて、卵巣嚢腫、子宮腺筋症とった瘀血が原因とされる症状もあります。

FSHが高いのはエストロゲン製剤を服用すると低下することもありますが、下がらないことも多いようです。

低AMH、高FSHの場合、まず高いFSHをなんとか低下させないと採卵の環境を整えることができません。

FSHが下がることもあるため、卵胞が育ち、成熟卵が採卵できるチャンスはありました。

 

漢方は煎じ薬でFSHが下がりやすい体内環境を整えつつ、中医学的に体質判断をした内容に加え、妊活を続ける際に非常に重要となる「卵巣に残った卵を守る」生薬を加えて処方を考えました。

 

服用後の経過については以下の通りです。

<6ヶ月目>
FSHが低下し30台になるものの成熟卵の採卵にはいたらず。

<10ヶ月目>
FSHが20台になり、成熟卵がとれたものの、1つだったため初期胚で凍結。
本人の希望で採卵継続することになるも、久しぶりに卵が凍結できたため、採卵を一時おやすみ。
漢方は継続。

<15ヶ月目>
採卵周期再開。FSHは20台を維持。採卵周期再開して2回目の採卵で成熟卵が3個採卵、良好な初期胚であったため、胚盤胞まで培養。5日目胚盤胞4AB×2、6日目胚盤胞4AB×1で凍結。

<18ヶ月目>
初期胚と5日目胚盤胞を用いて2段階移植→陰性

<20ヶ月目>
初期胚と5日目胚盤胞を用いて2段階移植 → 陽性


低AMH、抗FSHの場合の治療は難しく、時間がかかることが多いです。漢方では単に「補腎」や「補血」、「活血」などだけでなく、いま卵巣内に残されている卵をいかに守っていくかも重要となります。

妊活には時間がかかることも多く、その時間の経過も卵には負担となります。体質や、体調に合わせた処方とともに「卵を守る」ことを考えた内容である必要があります。

妊活を成功に導く重要な視点です。

 

病院、クリニックでの治療がなかなかうまくいかないとき、タナココの煎じ薬で妊活のお手伝いを致します。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院