子宮内膜スクラッチ

子宮内膜スクラッチ、反復着床不全<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

不妊治療でのオプションの治療として「子宮内膜スクラッチ」があります。

子宮内膜スクラッチは体外受精や顕微授精で、反復着床不全の場合にすすめられることがある処置の1つです。

 

子宮内膜スクラッチは、子宮内膜に意図的に小さな傷をつける方法ですが、子宮内膜に傷をつけると、内膜を修復する成分が分泌され、その成分が着床を促進させるのに役立つと考えられているため、反復着床不全の場合に選択されることがあります。

 

これまでに「子宮内膜スクラッチ」は体外受精や、顕微授精での反復着床不全に利用されていますが、この方法は着床を促進するという報告もある一方で、着床促進には役立たないという報告もあり、賛否両論で決着がついていません。

 

「子宮内膜スクラッチ」と検索するとで「子宮内膜スクラッチは妊娠率や挙児率を高める」のような解説記事が多く検索されますが、別の結果の報告があることもわかります。

最近では、効果についてのエビデンスが十分ではないことと、痛みも伴うこともあるため、最近では否定的なスタンスがやや増えているように感じます。

 

どちらが正しいかということについては未だ議論が続いていますが、反復着床不全だからスクラッチ、というものではなく、現時点においては、どのような場合にどのような方法で行うのかを判断した上で選択していく必要がありそうです。

 

反復着床不全の原因についてはいくつか考えられていますが、未だ不明な部分も多く、西洋医学的には改善のための手段は限られています。

反復着床不全の中医学的なアプローチでは、子宮内膜の感受性を高めて着床率の改善を目指す処方を用いてサポートします。胚のグレードが良いのになかなか着床しないケースにおいて試して欲しい方法ですのでご相談ください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院