卵巣予備能低下、早発閉経、早発卵巣不全と漢方

卵巣予備能低下、早発閉経、早発卵巣不全と漢方

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

卵巣刺激をしてもなかなか卵胞が育たない…40歳未満で無月経となる早発閉経は妊活では大きな問題となります。

「もう妊活は無理かも…」と思う方もいらっしゃると思いますが、原発性の卵巣機能不全では必ずしも卵巣の機能が完全に停止するわけではありません。

ホルモン値の検査などで、病院、クリニックで早発「閉経」といわれると心配になると思いますが、妊娠が不可能であることを意味するわけではありません。

また、卵巣予備能低下、早発閉経、早発卵巣不全、何らかの原因で卵巣が機能していないことを意味しますが、「老化」を意味するものでもありません。

 

早発卵巣不全の様々な刺激法を組み合わせて、卵巣を刺激することで、卵胞を育てることができるケースもあります。

 

また、シクロフェニル、クロミフェンやレトロゾール、HMGやrFSH製剤では卵巣が反応しないときは、カウフマン療法を応用した方法で卵胞発育を目指すこともあります。

 

現時点では有効な治療法が確立されていないので、どの方法が有効かは試してみないとわかりません。また上記方法でも卵胞が育たないこともあります。

 

上記の方法で卵胞発育が見られない場合は、西洋医学的には手立てがなくなります。卵胞が育ち始めるまで刺激を続けるか、卵胞を休ませてからまた刺激をするか、いずれにしても育つのを待つしかありません。

 

一方、このような状況で漢方を併用すると卵胞が発育し始めることがあります。数年卵胞発育がなかった方で、漢方を併用して半年〜1年ほどで不規則ではありますが、卵胞の発育が見られるようになったケースもありますし、卵胞が育ち始めても採卵ができるまで成長しないケースでも漢方を併用することで採卵→凍結ができるようになったケースもあります。

 

この場合の漢方は、病院で処方されるような粉薬(エキス剤)の処方ではなく、煎じ薬といって一つひとつ生薬を組み合わせて、粉薬(エキス剤)には使用されていない生薬を用いたりしないと難しいことも多いです。

 

卵巣予備能低下、早発閉経、早発卵巣不全などで妊活が思うように進まないとき、「漢方」が進む力を後押ししてくれることがあります。なかなかうまくいかない場合は漢方、それも煎じ薬を試してみてください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

一年の計は春にあり

次の記事

グルグル思考の止め方