ばね指は早めのケアを

ばね指<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

ばね指。痛いですよね。不便ですよね・・・。

ばね指<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

指は腱(黄色い部分)によって曲げ伸ばしをすることができます。この部分は前腕の筋肉につながっています。そして腱が浮き上がらないように腱鞘(緑色の部分)で抑えています。

ばね指は手の指を曲げ伸ばしする際、腱鞘を腱がスムーズに通過できず「引っ掛かり」を感じたり「パキッ」といった感じで伸びたりすることで起こる「弾発(だんぱつ)現象」で、症状が悪化すると他方の手で強制的に引っ掛かりを解除しないといけなくなります。

主に中年の女性に多く、親指に起こることが多いとされていますが、手の力が弱く、常にりきんで手を使っていたり、男性でも力が強く、いつも力が入りすぎる人に多く、親指に限らず人さし指や中指に出る方もいます。

原因として使いすぎにより、指を動かす腱(黄色い部分)が腱鞘(緑色)というトンネルを通るのですが、動きがまっすぐでなかったりなどで、腱と腱鞘がこすれて炎症を起こしトンネルをスムーズに通れず引っ掛かり起こります。

ひどくなると痛み止めやステロイドの注射などを使用しますが、それでも治らない場合は手術になることもあります。

ばね指の治療は最初が肝心です。

ばね指は炎症によって起こっているので、消炎鎮痛剤を使用したり、しっかりアイシングをしたり、患部を安静にします。手を使わないで生活することは困難ですが、使い方に工夫したり、逆の手を使ったりして痛めている部分の負担を極力減らします。

我慢して我慢して…限界に来てからだと、回復にとても時間がかかります。違和感を感じたら、早めのケアが重要です。

また、手の疾患ではありますが体の軸のバランスが悪かったり、体のゆがみが関与していることもあります。患部の治療と合わせて、体の使い方、やバランスを整える施術を受けたり、適度な運動の合わせて行い、トータルで体を労わりましょう。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

漢方が効かない?

次の記事

お酒