食欲不振・胃もたれと漢方

食欲不振、胃痛、機能性ディスペプシア<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

食欲不振や胃もたれは日常よく経験する体調の不良です。

 

機能性ディスペプシア(FD)と呼ばれる病気があります。

 

FDは、食欲不振、胃痛、胃もたれなど、胃の症状があるにもかかわらず、内視鏡で見ても特に異常が見られない病気のことを言います。胃の粘膜など目に見える異常(器質的な変化)ではなく胃の機能の問題です。

 

FDは継続的にチェックは必要ですが、漢方で良くなることも多いです。

 

食事をしてもすぐにお腹がいっぱいになってしまうような場合は、「六君子湯(りっくんしとう)」

食後の胃もたれがきになる場合は「平胃散(へいいさん)」「加味平胃散(かみへいいさん)」

倦怠感があれば「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」

などを試してみてください。


下痢や吐き気をともない、感染性胃腸炎が疑われる場合は「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」

つわりのときになどは「小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)」

なども良いと思います。

 

いくつか試して良くならない場合は専門家に相談して、体調、体質に合わせて漢方を選んでもらいましょう。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ
タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院