遺残卵胞

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

刺激周期では、月経3-5日目の超音波検査で「遺残卵胞」がないかどうかチェックすると思います。

 

「遺残卵胞」という言い方はいろいろな状態をひとくくりにしたものですが、問題になるケースとならないケースがあります。

 

検査時に「何か」残っている場合、「前周期の残りがあるようです」と説明を受ける場合がありますが、問題になるケースばかりではありません。

 

エコーでは卵胞「様」のものが見られることも多く、黄体の残り(黄体嚢胞)であったり、単純性嚢胞や機能性嚢胞であったりすることもあります。

 

何か「残っている」場合は1周期待ちましょう、調整しましょうと言われることがありますが、中には1周期待たなくても次第に消えるものもあり、卵巣刺激 → 採卵が可能な場合もあります。もちろん大きすぎる場合には1周期待つこともあります。

 

また、まれに月経中にも大きく卵胞が育つケースもあり、そのまま採卵へ進める可能性があることもあります。

 

育つ卵胞は1つですが、もともと育つ卵胞が少ない場合はそのまま採卵まで発育させることもできますし、以前の刺激周期の経緯から複数個の卵胞発育が期待できる場合は見送ることもできます。

 

一人ひとりの卵胞の発育状況は異なりますし、もし「何かが残っている」といわれても状況によっては採卵にたどり着ける場合もありますので、まずはしっかり説明を受けて自分にはどのような選択肢があるのか、相談してみると良いと思います。

 

卵巣の卵胞を良い状態に保ち、病院での妊活をスムーズに行うために漢方・鍼灸なども合わせて行うと「何か残っている」状況を減らせる可能性がありますので、ぜひ併用してみてください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

月経周期と基礎体温

次の記事

医療機器を身につける