胚盤胞にならない

胚盤胞,漢方(相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ)

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

体外受精をされていて、なかなか妊娠にたどり着かない方がいらっしゃいます。

 

「胚盤胞になりません」

このようなお悩みでの相談も多いです。

 

体外受精での妊活を続けていると年齢とともに胚盤胞になりにくくなる傾向が見られます。時間の経過とともに、卵子への影響が蓄積していくために、ヒトの体の傾向としてある意味自然な変化です。

このような状況の改善は漢方の得意分野です。

漢方は、体内環境を整えることが得意です。

「卵巣」、「子宮」の環境を整え、かつ「酸化」、「糖化」による質の低下を防ぐことができます。

漢方の効果として重要なのは「卵胞をいかにダメージを受けずに育てるか」です。

 

いままで蓄積された卵子のダメージをなすくことはできませんが、これから育つ卵の環境を改善したり、ダメージを極力少なくすることができるのが漢方です。

さらに卵巣・子宮の環境に影響を与える体調不良を改善することもできます。

 

漢方を服用してなかなか効果が出ないこともありますが、育ってくる卵の質は一定ではありませんし、蓄積されたダメージが大きい場合はやはり時間がかかります。

ダメージが少なく、胚盤胞になり、妊娠が可能な質の良い卵が育つ可能性がどのような場合でもありますが、その際に体の状態、卵巣・子宮を良い状態であることが大切で、そのためには、漢方を服用しておくととても有利に働きます

 

また、必要に応じて西洋医学的な治療でも方向転換を考慮する必要があります。

胚盤胞になりにくくなれば、無理に胚盤胞を目指すのではなく、初期胚での凍結や複数胚の移植などを合わせて考慮することも必要になってきます。これは病院の方針でできるできないは変わってきますのでもしできない場合は転院の必要も出てくるかもしれません。

同じパターンである程度続けることもありますが、その度に時間は過ぎ、状況は変化しますので、その時その時で最善の方法を選択することが重要です。

「胚盤胞にならない」場合、原因不明のことも多いのですが、漢方でお手伝いできることがあります。時間がかかることもありますが、続けることで妊娠・出産へ近づくことができますので漢方をぜひ取り入れてみてください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院