肩こり予防のワンポイントアドバイス

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

緊急事態宣言も延長になり、まだまだ先が見えない感じですが、できることを淡々と行いながら頑張っていきましょう!

 

コロナ禍では、ワークスタイルも大きく変わりました。自宅でのテレワークも増えましたが、テレワークの際、職場のようなデスクや椅子などはなく、リビングや居間でお仕事されている方も多いのではないでしょうか。

 

自宅で会社と同様のデスクワークとなっても職場と同様の環境を整えられる方は多くなく、ソファやリビングチェアで代用したり、床にそのまま座ったりして仕事をして、「集中できない・・・」「肩や腰が痛い・・・」など今までにはなかった体の「痛み」で悩む人が増えています。

 

本来、何をする場合、内容に適した環境があります。

 

ただでさえ現代人は運動不足といわれています。その上テレワークとなり通勤で歩く機会が減るだけでなく、適切な環境が準備できずに、体に負担がかかる姿勢での仕事となり、肩こりや腰痛などで「痛み」を作り出してしまっています。

特に多いのが「肩こり」ですが、ちょっとした工夫で解消することができます。

 

 

肩こり解消のためのワンポイントアドバイス

 

肩こりの原因の一つに「腕」があります。腕は首元から吊り下げられているようになっていて、腕1本約3キロほどあります。

そしてその腕を落ちないようにずっと支えているのが「筋肉」です。

一日中ぶら下げているので当然筋肉は疲れます。また、頭の位置によっても、背中が丸くなり、首の角度が前傾するとより負担は大きくなります。

 

肩こりはこの腕の重さと首の角度が原因となることが多く、特にデスクワークではこの負担の原因を解消することが重要です。

 

腕の重さの負担を軽減するためには、肘をデスクやテーブルで支えられるように、PCやキーボードは少し奥へ移動させ、腕が乗るようにします。

肘をついたときに肩が通常より上に上がらないように椅子の高さ、PCやキーボードの高さはクッションや台で調整します。

肘がテーブルから出ている状態だと腕の重さがダイレクトに首や肩に負担をかけますが、肘が乗るだけでもそのストレスが無くなります。

また、PCやキーボードを少し奥に配置することで、首の角度も前傾から垂直となるため、頭の重さが筋肉から骨で支えられるようになるため、首や肩の筋肉への負担が軽減されます。

 

ちょっとした工夫をして環境を整えるだけでも、体への負担は軽減します。

 

また、同じ姿勢での仕事が長くなりそうであれば、定期的に体を動かしたり、ストレッチも取り入れてください。

 

人の体は動くために作られています。そして適度に体を動かすことで、その正しい機能が維持できるようになっています。

新しい習慣に慣れない方も多く、体調を崩してしまいがちですが、無理をせず、日々の生活の中で、少しずつできる工夫をすることから始めて、健康な体を維持していきましょう!

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ
タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院