積極的に漢方を

不調,漢方,相模原

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

なんらかの健康上の問題や課題を抱えているにも関わらず、積極的な治療をせずに日常生活に支障をきたしつつ、働きづらさを感じつつも、疾患のつらさを我慢しながら働いている人は多いようです。


例えば「片頭痛」。

悩まれている方はかなり多いです。

片頭痛は解決すべき健康課題でにも関わらず、片頭痛を我慢して働く人は90%以上の割合という調査報告があります。

 

片頭痛では単に「頭痛」が起こるだけでなく、過食、疲労感、集中困難、抑うつ感、感覚過敏、物がダブって見えたり、食欲低下、むくみ、吐き気・嘔吐、嗅覚過敏、眠気などがみられ、QOLが著しく低下し、日常生活にも支障をきたします。

痛み止めを飲んでなんとかやり過ごしている方も多くいますが、それでは根本的な解決になりません。


片頭痛に限らず、つらい症状をなんとか我慢してやり過ごしながら生活している方は多く、これは生産性の低下や、よりよい生活の妨げになっています。


その原因として、根本治療ができないと考えて積極的に治療をしていないケースがあります。

例えば片頭痛では西洋医学的に治療をしようとした場合、対症療法が中心であるため「病院へ行っても痛み止めだけが処方されるだけ」と考えて受診せず(たしかにその様なことも多いのですが)、根本的な治療にはたどり着けないこともある様です。

 

漢方では、不調の原因となる体質を改善していくことも重視していますので、頭痛など特定の症状そのものにスポットを当てるだけでなく、なぜその様な症状が起こるのかを考えながら、痛みが起こらないような体づくりも同時に行います。

 

漢方での治療は、体質自体の改善に働きかけて「症状が起きにくい体質を手に入れる」という根本的な改善を目的としています。

片頭痛に限らず、「どうせ治らない・・・」と思っている症状でも漢方でよくなるケースも多いので、ご相談ください。

 

相模原 タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院