移植はホルモン補充周期?自然周期?

妊活、不妊治療、ホルモン補充周期、自然周期<タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

不妊治療に保険が適用されて以降も、順調に漢方を併用して妊娠される方が増えています。保険の方も自費の方も増えており、もちろん、保険診療は引き続き整備が必要な点もありますが、妊娠の報告が増えるのはとても嬉しいです。

 

移植はホルモン補充周期?自然周期?

さて、移植の際に「ホルモン補充周期」か「自然周期」かどちらが良いか、相談を受けることがあります。

ちょっと前までは、「どちらもかわらないので病院の方針に従って進めても良いとおもいます」とお話ししていたのですが、最近では「ホルモン補充でなければいけない理由があるのであれば担当医の説明を受け納得してから受けましょう。どちらでも良いというのであれば自然周期から始めてはどうでしょうか。」と近年報告された研究についても説明しながらお話ししています。

 

以前は胚盤胞の移植周期ではホルモン補充周期と自然周期では差がないと考えられていましたが、最近は自然周期の方が出産率が高いという報告が増えています。

 

また、ホルモン補充周期で使用する「エストラーナテープ」の添付文書にもこのような記載があります。

エストラーナテープ<タナココ、妊活、不妊、ホルモン補充周期、自然周期>

ホルモン補充周期での移植を選択し他場合、添付文書上では説明することになっているようです。

 

自分自身のホルモンを用いて、移植の準備をした方が良い結果に繋がりやすいことがわかってきました。

もちろんホルモン補充周期が必要な方もいらっしゃると思いますが、それ以外の場合、自然周期での移植が今後は増えてくると思われます。

自然周期での移植と漢方の併用はとても相性がよく、着床の助けになるだけでなく、その後の妊娠継続にも役立ちます。漢方での妊活はできるだけ体に負担をかけず、自分自身の力を最大限使用して行う方法です。

妊活では漢方を併用して、早く結果につなげてほしいと思います。精一杯お手伝いいたします。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院