極端な暑さと寒さの妊娠に与える影響

暑さ、寒さ、早産、妊活<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

これから秋が深まるとともに、寒さが厳しくなってきます。

中国から、極端な暑さや寒さが早産リスクを高めるかもしれないという報告がされています。


今回の研究は、中国の8つの都市の16のコミュニティで、2014~18年に生まれた新生児21万798名を対象に行われたものです。

極端な寒さは平均気温の5パーセンタイル未満、極端な暑さは平均気温の95パーセンタイルを超えるものと定義しました。


結果は・・・

早産リスクは、極端な暑さで1.6倍、極端な寒さで2.2倍高く、さらに在胎34週未満では極端な暑さで3.3倍、極端な寒さでが7倍のリスクが高かったという結果が

今回の結果から、妊娠期間中に極端な暑さや極端な寒さの環境では早産のリスクが高まる可能性が示唆されました。


しばらく前から、異常とも思える気候や気温の変化を感じます。

異常な気候や気温の変化が健康に与える影響を理解することは、変動の影響を受けやすい人々を守る上で重要な視点になるかもしれませんね。


「冷え」は中医学では様々な病気の元になると考えます。

内側から冷えにくい体づくりを漢方で行なっていくのも、環境変化が体に及ぼす悪い影響から体を守る対策の1つです。

 

漢方相談・妊活相談・腎不全相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院