妊活での病院選びのポイント

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

妊活、不妊治療をする際の病院・クリニック選び悩んだ方は多いと思います。

いろいろな病院やクリニックがありますが、それぞれ特徴がありホームページなどで詳しく説明されていたりもしますが、書いてあることを読めば読むほど、どこが良いのかわからなくなることもしばしばです。

1カ所でいろいろ試すことができれば良いのですが、そのような施設はなかなかありません。

 

妊活の漢方相談を受けていると、「どこの病院がいいですか?」と聞かれることがありますが、合っていそうかどうかについてはやはり受診してみないとわからないことも多いです。だからと行って闇雲に受診するのも問題です。

 

そこでお話しするのは病院選びの基準についてです。

まずは継続できるかどうかという視点で大きなふるいにかけます。自分に合っていそうでも継続できなければ意味がありません。

 

以下の1、2がそのふるいです。

 

1 病院の規模

多くの医師がいるのか、院長一人のところなのか。指名制なのか、曜日制なのかというのは、待ち時間に大きく影響します。空いた順に診察の順番が回ってくるようなところであれば待ち時間は短いです。曜日制や空いた順であれば、曜日、時間帯で担当医が変わることが多く、引き継ぎが上手く行われなかったりすると、かえって時間が無駄になったりすることもあります。忙しいところだと時々あるようです。

 

2 診療時間

日曜や祝日に診療しているのかどうか、何時まで対応可能かどうかは、特にお仕事をしながらだったり、二人目妊活をしている場合はより重要です。連休に何らかの処置が重なると開いていないという理由で1周期飛ばされてしまうこともあります。仕事をしている方であれば、日曜や祝日に対応していないというのは不便ですし、妊活のための時間を取ることが難しくなることが多いです。託児施設の有無も2人目妊活の場合などはあったら嬉しい対応です。時間の融通が効くかどうかは重要です。

 

これでふるいにかけたら次に重要なのは、診察・治療に関する部分です。

 

3 治療方針

検査やオプション検査にはどのようなものがあるのか、治療がなかなか上手くいかない場合の次の手段があるかどうかも重要です。一般不妊検査で原因がわからなくても、オプションの検査でわかることもあります。このほか、例えば卵胞を育てる方法が自然周期が中心なのか、刺激中心なのか、特に転院される方であれば重要になってくると思います。今まで試したことのない方法が選択できるかどうかというのがポイントです。

 

4 相性

ストレスフルになることもある妊活にとっては、担当医をはじめとする病院との相性が重要です。治療のテンポだったり、説明のわかりやすさも重要です。月に何度も受診が必要になることも多いので相性が悪いと受診自体がストレスとなり治療にも影響を与えかねません。また忙しいとはいえ説明が不十分だったり分かりにくかったりすると、何をしているのか十分理解せずに治療を受けていることになり、うまくいかなかった時に検証することができなくなります。「おまかせで」という方もいるとは思いますが、今自分はどのような状況でどのような治療を受けているのか理解しながら進めていったほうが良い結果に繋がると思います。

 

5 費用

一見安そうでもよく調べてみると、いろいろな条件があり結局は高くなってしまうこともあります。また高そうに見えても実際にかかる金額がそれほどでもないこともあります。一人ひとり状況や条件が異なりますので、金額も変わってきます。

 

3〜5については事前に詳細を知ることは難しいので、説明会へ参加したり、お試し受診をして選んでいくのが良いと思います。

 

自分に合った病院・クリニック探しは大変ですが、自分に合った病院・クリニック探しは妊活・不妊治療のはじめの大きな一歩となり、その後の結果にも大きく影響します。

 

「あの時こうしておいてよかった」と思えるよう、自分に合った病院を選んでほしいと思います。

病院選びが終わったら、ぜひ漢方・はり灸・接骨での体調管理も妊活に取り入れてみてください。

 

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

妊活と漢方

次の記事

父親の産後うつ