妊活で「血流改善」は正義か

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

妊活では「血流改善」が重要!

 

という内容の書籍、雑誌、記事をよく見かけますが、実は闇雲に血流改善をすれば妊娠の可能性が高くなるかというとそうではありません。

 

子宮内膜の血流は月経周期の中で変化します。

 

血流が十分に必要な時期とそこまで必要ではない時期が存在します。このような調整は胚を守るためのものと考えられています。

 

子宮内膜は「厚さ」だけで正しく機能しているかどうか測れるわけではありませんし、必要なものが必要な分だけ供給されているかどうかです。

 

検査をしても特に異常がない原因不明の不妊といわれ、妊活がうまくいかず、経過より着床障害が疑われる場合、病院で治療されている方は継続しながら、それと合わせて漢方で月経周期中に内膜の状態を本来の血流リズムになるように調整することで妊娠の可能性を高めることができると考えています。

 

不妊の場合は一つの原因ではないことが多いのでこれだけで問題が解決するわけではありませんが、いろいろ試してみてうまくいかない場合は内膜血流リズムの調整を試してみてください。「以前漢方試したけどうまくいかなかった・・・」という方は、漢方のアプローチはいくつもありますし、特に現代中医学のアプローチを加えることで結果を出しやすくしますので、再度検討してもらいたいと思います。

 

まずはご相談ください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院