凍結融解胚移植 〜自然周期かホルモン補充周期か

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

凍結融解胚移植 〜自然周期かホルモン補充周期か、最近は「自然周期」優位の報告が増えている様です。妊娠率には大きな違いが内容ですが、流産率などに違いが見られるようです。

 

凍結した胚を融解して移植するするためには内膜の状態が着床できる状態になっていることが大切です。

 

そのためには内膜の周期と受精卵の日齢を「同期」させる必要があり、その方法として、自然周期とホルモン補充周期などがあります。

 

自然周期では排卵に合わせて受精卵を移植する方法で、排卵のタイミングをエコーで確認し移植します。この時確実に排卵させるためにHCGの注射を使用することもあります。

 

ホルモン補充周期では2種類のホルモン剤を使用して内膜を調整します。エストロゲンで内膜を厚くし、プロゲステロンで排卵後の状態を作り、着床に適した内膜をつくり、その上で移植します。よく行われる方法です。

 

以前は、どちらの方法でも「変わりない」とする流れでしたが、近年はやや「自然周期」のほうが良いかもしれないという報告が増えています。

 

もちろん、一人ひとりの状態に合わせた調整が必要なので、「自然周期」一択というわけではありませんし、ホルモン補充周期での薬の使い方でもしかする今後違う報告が増える可能性もあります。

 

大切なのはどちらの方法で行うにしても体調を整えておくことです。

 

煎じ漢方で妊活されている方は、自然周期でもホルモン補充周期でも移植に適した環境を作るサポートができますので、着床がうまくいかない方は試してみてください。

 

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

次の記事

月の満ち欠けと睡眠