不完全である勇気

不完全な勇気,アドラー<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

何かに挑戦した時、なかなかうまくいかず、

「何をやってもダメだ」

という考えに囚われ、抜け出せなくなってしまうことはないでしょうか。

 

一度そのような考えに囚われてしまうと、だんだん気持ちも落ち込み

 

「未来永劫楽しいことなんて起こらない」

「生きていることの何が楽しいのか」

 

となってしまう方もいると思います。

 

今日は、そんな気持ちになっている方に伝えたい内容です。

 


 

「何をやってもダメだ」と悩む方は、「完璧」であろうとして「不完全」であることが「悪いこと」のように考えていることが多いようです。

 

何かに挑戦しようとした時、一発勝負で何もかもがうまくいくことはそうありません。

 

失敗しないように準備すること自体は必要ですが、完璧さに身を置いてしまうと物事はうまくいかなくなります。

 

完璧を求めて準備したものが失敗すると、準備した分だけ落胆も大きくなります。

 

すると今度は小さな失敗も怖くなり

そのうち「失敗しないこと」に目標がすり替わるようになり、

失敗しないために様々な言い訳を考えて、「挑戦」をしなくなってしまうことがあります。

これが様々な場面で起こるようになると、挑戦を避け「努力」もできなくなります。

 

当然「失敗」する場面も増えてきます。

失敗が増えると、「自信」も失います。

 

すると

「どうせなにやってもダメだ」

という思考を「自動的」にするようになり

さらに挑戦を避けるようになります。

 

「何やってもダメだ」と思っている人は、このような状況を自ら作り出していないでしょうか。

 

完全であろうとすることが、実は不幸のスパイラルを作り出してしまっていることがあります。

何もしなければ失敗もしませんが、「何もしない」で生きていくことは不可能です。

 

不幸のスパイラルを作り出さないために、

挑戦したり、リスクを取ったり、時にはうまくいかないこともあるかもしれないけど、

そして完璧にできなくても「不完全であること」を受け入れる「勇気」を持つことが大切です。

 

この気持ちは「不完全である勇気」と呼ばれています。

 

挑戦することは完全であることよりも大切で、それは挑戦の先に成功や幸せがあるからです。

 

「不完全である勇気」をもつことは、理想とする自分自身から現在の自分を「減点法」で見るのに対し現実から「加点法」で自分自身を見ることができます。

 

「これができていない」

「あれもできていない」

から、

「これができるようになった」

「あれもできるようになった」

と自分自身の価値の向上を感じることができるようになり、人生は豊かになります

 

失敗がどうしても恐ければ、まず1つ勝ち星を「取れるところから取る」ことから始めてもよいかもしれません。

少しずつ進むことが大切ですし、やって見て初めてわかることもあります。

 

一度失敗しても、その失敗を通じでできるようになったことがあるはずです。

 

失敗しても「不完全」なのですから気にする必要はありません

 

また「失敗」と「ダメ」は違います。

「失敗」はただ「失敗」しただけです。

 

「不完全である勇気」を持つことで「何をやってもダメだ」という負のスパイラルから、きっと卒業できると思います。

 

それでも、何かに囚われてうまくいかない・・・という場合は、漢方でお手伝いしますのでご相談ください。

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院