ワクチンの副反応に漢方?

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

ワクチンの副反応対策に漢方を使いたいが何が良いのか・・・と、医療従事者の方からの相談が増えています。

ワクチンの副反応は、特に2回目のワクチン接種後は、高率に発熱、頭痛、倦怠感など全身反応がみられます。

 

ワクチン、副反応、漢方<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

かなりしんどいので、現在は「アセトアミノフェン(カロナールなど)」が対策として使用されるケースが多いです。

お問い合わせいただいた医療従事者の方は、服用しても劇的に症状が楽になるというわけではないようだから、もう少しなんとかできないかと考えた結果「漢方はどうだろう?」となったようです。

ワクチン摂取を受ける医療従事者の方へお作りする組み合わせは、アセトアミノフェン+「清熱解毒」作用をもつ処方のことが多いのですが、他のタイプの処方より効果的で、ある病院では、医療従事者に対してですが、このタイプの漢方をすすめている施設もあるようです。

 

ワクチン接種でみられる副反応は、新型コロナウイルスに対して免疫を働かせるための一種の体内訓練の結果起こる症状ですが、副反応がみらないからといって、免疫が働いていないというわけではありません。副反応がみられなくても正常に免疫が働くようになります。

アセトアミノフェンや漢方で副反応を和らげたからといって、免疫が働かなくなることは考えにくいので、つらければ服用や併用を考慮しても良いと思われます。

アセトアミノフェンだけでは不安・・・という方は漢方も準備しておくと良いかもしれません。

 

ただし、副反応が怖いからといって事前にアセトアミノフェンや、そのほかの解熱鎮痛剤を服用することは避けてください。現段階では接種前の服用が予防接種の効果に影響を及ぼすことがないかどうかはまだ分かっていません。一部、動物実験で、事前に7日間解熱鎮痛剤を使用したマウスの中和抗体の量が低めだったという報告があります。

なお、現在治療で解熱鎮痛剤を服用中の方は中止する必要はありませんので、担当医の指示通りに服薬を継続してください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院