クロミッド(クロミフェン)の作用・副作用には個人差があります

クロミッド(クロミフェン)<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

「クロミッド(クロミフェン)」

妊活中の方でしたら使われたことのある方も多いと思います。エストロゲンの働きを抑えることで、脳下垂体からホルモンを分泌させて「卵胞発育」を促進させる久飲み薬です。

 

とてもよく使われる薬ですが、この薬には

・内膜が薄くなる
・頸管粘液の分泌が減少する

という副作用があります。

妊活で「内膜が薄くなる」ことはその後の成功率に影響がでるため、この副作用が出てしまうとクロミッド(クロミフェン)が使えなくなってしまいます。

しかし、この副作用は全ての方に見られる副作用ではないことがわかってきています。

クロミッド(クロミフェン)は副作用が出るから使いたくないのに処方されてしまった・・・と相談に来られる方が時々いらっしゃいますが、これらの副作用は必ずおこるものではなく、出やすい方とそうではない方がいます。

クロミッドに対する反応には個人差があります。服用してすぐに副作用が出るかもいれば、長服用しても副作用が出ない方もいます。

 

これはいくつかあるエストロゲン受容体(ホルモンがくっつく場所)の発現割合が関係していることがわかってきました。

ですので、「クロミッド(クロミフェン)=内膜が薄くなる、頸管粘液が減少する」というわけではありませんので安心して処方された薬を服用してください。もちろんそのような傾向が見られる場合は他の薬剤に変更していきます。

 

このように、薬への感受性は人によって異なります。これは副作用だけでなくその効果についても同様です。

クロミッド(クロミフェン)は非常によく使用される薬の一つですが、この薬ではなかなかうまくいかないということも多くあります。

もし、クロミッド(クロミフェン)を使ってうまくいかない場合は、担当医と相談してほかの薬を試してみるのも方法の一つです。

 

不妊治療、妊活ではどの薬が合うのか、効果的なのかは使ってみないとわからないことも多いのですが、1つの方法で卵胞発育がなかなかうまくいかなくても、あなたに合った薬や方法は必ずあります。

また、病院での治療に加え漢方治療を合わせて行うことでうまくいくことも多いです。

妊娠・出産への「必勝法」を一緒に探していきましょう。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

元気がない

次の記事

「着床の窓」の問題点