お昼寝の効果

昼寝 | 相模原漢方薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

お昼寝の習慣

中国の大学や病院にいた頃は昼寝(午睡)の習慣があり、日本に戻ってからその習慣が抜けずしばらく苦労しました。(中国では午睡のためお昼休みが日本より長かったので)

さて、中国では面白い研究があります。この様な視点は中国ならではです。

昼寝 | 相模原漢方薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

お昼寝の効果

10,111名を対象に、妊娠中の昼寝の低体重児へのリスクを調べました。

その結果、

1時間以下の昼寝で、17%
1時間以上の昼寝で、39%

低体重児のリスクが低下しました。

1時間以上の昼寝はもはや昼寝ではない様な気がしますが、1.5時間以上ではリスクの低下は見られませんでした。

昼寝の頻度的には週に5〜7日(ほぼ毎日ですね)が効果的と分かりました。

これらの結果より、1日に1〜1時間半程度のお昼寝を、1週間のうち5〜7日行うと、低体重児のリスクがより低下することが示唆されました。

低体重出生のリスク

低体重出生児の場合、大人になってから高血圧・心臓循環器系疾患、耐糖能異常・2型糖尿病、メタボリックシンドローム、骨粗しょう症、脂質異常症、精神発達異常、慢性閉塞性肺疾患等の成人病(生活習慣病)発症リスクの高いことが明らかとなってきました。

妊娠中は睡眠不足になることが多いので、毎日の昼寝は推奨できそうです。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ
タナココ

▼関連記事▼ 

 

相談してみる

 

前の記事

ダークチョコレートの効果

次の記事

妊娠中のビタミンD