「コロナ急性期にあの漢方薬が有効」

漢方、コロナ、葛根湯、小柴胡湯、小柴胡湯加桔梗石膏、柴葛解肌湯

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

コロナの漢方の問い合わせが増えています。

ヤフーニュースで取り上げられると影響は大きいです。

あの漢方とは?葛根湯、小柴胡湯、柴葛解肌湯


「コロナ急性期にあの漢方薬が有効」と少々煽り表現気味なのは気になりますが・・・。

 

元になった報告はこちらです。

 

漢方の中身としては

 「葛根湯」+「小柴胡湯加桔梗石膏」

なのですが、この組み合わせは

 「柴葛解肌湯(さいかつげきとう)」

と言われる処方です。

 

コロナだけではなく、インフルエンザの時や症状が激しい風邪にも使用することが多い漢方薬です。医療用では 柴葛解肌湯 がないので、葛根湯+小柴胡湯加桔梗石膏 になったのだと思いますが、医療用のこれらの漢方は現在は出荷調整中で入手は難しくなっているようです。

 

報告では解熱までの日数の短縮には効果が期待できそう、重症化リスクを減らすかもという感じになっています。また副作用リスクには差はないとしています。

漢方の評価を西洋医学的に行うのは難しい部分があるので、この結果をそのまま受け止めたり、中医学的なものは西洋医学と異なるものだからといって拒絶したりするのではなく、西洋医学は西洋医学の良さを、中医学は中医学の良さを生かした治療ができると良いのではないでしょうか。

そもそも急性期の漢方の使い方は結構難しかったりします。またコロナの場合は受診できる状況なのか、症状の変化がどの程度のスピードなのか、様々な状況を判断して服用する必要があります。使い方を間違っていれば効果がでないこともあります。

柴葛解肌湯 だけでなく、急性期の漢方薬は適切なタイミングで服用するのが重要です。手元に漢方を準備しておいて、かかりつけの漢方に詳しい薬剤師に聞いていただくのが良いと思います。

 

西洋医学の「正解」はエビデンスです。ランダム化比較試験、それも複数の結果を統合してより高い見地から分析するメタアナリシスによって確立されたものが西洋医学での「正解」です。

漢方はそもそも患者さんの捉え方が西洋医学とは違うので、西洋医学的な視点で集めた患者さんに対して漢方の効果を判定することが難しいという背景があります。それでもなんとか漢方の良さを見出そうとあの手この手で漢方でのエビデンスを確立しようと多くの研究者が奮闘しています。

「漢方」は西洋薬のような明らかなエビデンスはとても少ないですが「科学」が登場する前から、膨大な経験・時間のフィルターにより経験知を積み上げて来たものです。

西洋医学的な「正解」があれば、西洋医学的な治療を優先されるべきだと思いますが、コロナ後遺症にはまだ「正解」がありません。というか「正解」を見い出すための時間的余裕がありません。

エビデンスがないからといって漢方を否定するのではなく、今できることは何か、を考えて治療をすることが重要なのだと思います。

 

 

漢方相談・妊活相談・腎不全相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し・カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院