西洋薬と漢方薬の違いは何ですか?

大きな違いとして、西洋薬の多くは1つの成分でつくられる合成物質で、1つの症状に対して1つの鋭い効果を発揮するするのに対し、漢方薬は天然の生薬を組み合わせて作るもので、さらにその中にはいろいろな成分を含むため、いろいろな症状に対応することができます。

実際の治療では、西洋薬はからだのどこが不調なのか、その「症状」に注目して治療し、漢方薬はなぜその不調が起こったのかというその「原因」に注目して治療します。

たとえば、頭痛が起こった場合、西洋薬では鎮痛剤を使って、「痛み」という「症状」を治療しますが、漢方薬の治療では頭痛を引き起こす「原因」を取り除きます。またその時には、漢方薬に含まれる多くの成分で、「原因」がもたらす他の不快な症状も同時に治していくことができます。

西洋薬、漢方薬のどちらの治療法でもからだの不調を治すことができますが、それぞれの治療法には特徴があり、その違いを知ったうえでどちらの治療法がより良い結果につながるか判断して治療方法を考えることが重要です。