漢方薬には副作用はありますか?

漢方薬は、天然の生薬で構成されていますので、1つの症状に対して鋭い効果を発揮する西洋薬(新薬)に比べ、副作用は少ないと言えますが、漢方薬にも副作用はあります。

漢方薬を選ぶときは、その時の体の状態(中医学、東洋医学では「証」といいます)をみながら選びます。 しかし、その証にあっていないものを選んでしまうと、体の不調(=副作用)を引き起こしてしまいます。

漢方薬を使うときは、病気に合わせて使うのではなく、その方の体質や体の状態にあわせるものです。もし病気に合わせて使用すると、体質や体の状態を無視して使われることになり、事故が起こってしまいます。

当薬局では、体質や体の状態を細かく確認しながら漢方薬をお選びしていますので安心してご利用下さい。