新型コロナに対する漢方、清肺排毒湯の使い方

清肺排毒湯,麻杏甘石湯,小柴胡湯,五苓散,胃苓湯,射干麻黄湯,新型コロナウイルス感染症

漢方のお問い合わせが増えておりますが、清肺排毒湯やその他の漢方については下記よりお問い合わせください。

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

清肺排毒湯とダスモック(清肺湯)、「麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏」についてお問い合わせが多いです。清肺排毒湯とダスモック(清肺湯)は同じものではありませんのでご注意ください。
また、「麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏」=「清肺排毒湯」と思われている方も多いのですが、生薬の比率が異なることや射干麻黄湯の成分がほぼ不足していることにご注意ください。

 


「清肺排毒湯」が新型コロナに効果があった、という中国での驚異的な治癒率が一人歩きしていると感じる問い合わせが多くありましたので、今一度「清肺排毒湯」について整理したいと思います。

日本で使用する際の問題点を把握した上でご用意いただければと思います。

 

まず「清肺排毒湯」の処方構成を確認します。

 

麻杏甘石湯

+ 小柴胡湯

+ 五苓散

+ 射干麻黄湯

± いくつかの生薬

この組み合わせがもとになっていると考えられます

 

しかし、「清肺排毒湯」は日本の漢方薬局では作ることを許可されていませんので、「清肺排毒湯」として販売はできません

漢方薬局で作れる処方は事前に決められており、許可申請が必要です。

もし「清肺排毒湯」として販売しているところがあるとすれば「違法」です。まずはこの点にご注意ください。

きちんとした手順を踏んでつくられた薬は、何か副作用等があった場合、「医薬品副作用救済制度」がありますが、そうでなければ救済制度の対象にならない可能性がありますので十分注意してください。

このような時だからこそ、守るべきものは守り、対応していかなければ混乱やトラブルが生じます。

 

「清肺排毒湯」そのものをお作りすることはできませんが、それぞれの漢方薬局でできることはたくさんありますので、まずはお近く(もちろん遠くてもサポートがしっかりしていれば大丈夫です)の漢方薬局にご相談ください

 

「清肺排毒湯」はそもそも、新型コロナウイルス感染症のためだけにつくられた処方です。

 

つまり新型コロナウイルスで引き起こされる「肺炎」に対しての処方で、中国では「陽性」の方に使用されており、基本的には、病院内で中医師が処方し、西洋医学と中医学の結合医療の管理下で使用されたものです。

それで、あの効果です。

 

しかし、日本で使用する場合は少し事情が異なります

まず、病院で同様の処方を作り、煎じを用意できるところはほとんどないと思います。

そうすると漢方薬局で購入ということになりますが、漢方薬局でできるのは中医学的なサポートです。検査機器のない薬局では西洋医学的なサポートはできません。

 

中国では病院内で入院患者に使用するケースが多く、万が一悪化したり、急変したりしても西洋医学的なフォローがあります。

「清肺排毒湯」は軽症例から重症例まで幅広く使用できるとしていますが、症状のひどい状態に使って効果がなかった場合、非常に危険です。

中国と日本とでは服用環境が異なるため注意が必要です。

 

また、現時点では日本の PCR 検査は、症状がある程度重篤で検査前確率が高い場合にのみ行われています。

このような理由から、漢方を使用するのは現時点では新型コロナウイルス感染症かどうかわからなく、でも何らかの症状(倦怠感、熱、咳、下痢など)がある場合で、もしかしたら感染しているかもしれないから、重症化させないために使用するというのが日本での使い方になると思われます。

 

漢方は本来は症状や服用する方の体質・体調、病気の性質などを考慮して処方を考えます。

しかし、症状があって、感染しているかどうかわからない状態で外出するのは多くの問題を抱えることになります。

 

そうすると「事前に準備」ということになるわけですが、そうすると本来の漢方の使い方とは少々異なる使い方をすることになります。

事前に準備していた漢方が、その時の病気の状態や、体調などに果たして適しているのかどうかの判断と感染の有無がはっきりしていない状況で服用することになった時に、どのような不都合が起こる可能性があるのかということを合わせて考える必要があります。

一人ひとりの背景が異なりますので、購入する際はしっかり自分に合わせた注意事項を確認して購入してください。

 

つぎに、清肺排毒湯を粉薬(エキス剤)で用意しようとした時の問題点を考えて見ます。

「清肺排毒湯」に使用されてる生薬は日本で揃えられるものですので、生薬自体は工夫次第で同じないようにすることは何とかできると思いますが、煎じ薬以外の粉薬(エキス剤)で対応する場合が問題です。

 

ここでもう一度「清肺排毒湯」とそれ以外の処方について比較してみます。

新型コロナウイルス、清肺排毒湯、漢方、漢方薬局、小柴胡湯、五苓散、射干麻黄湯、胃苓湯、小柴胡湯加桔梗石膏

 

清肺排毒湯は、

「麻杏甘石湯+小柴胡湯+五苓散+射干麻黄湯」

がベースになっていることは先に述べました。

「COVID-19 感染症に対する漢方治療の考え方」で金沢大学附属病院漢方医学科 小川 恵子 医師の説明によるとエキス製剤で「同様」のものを作ることができるとしています。

この中で提示している組み合わせが

「麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏」です。

ここで誤解しないで欲しいのですが、「同様」というのは「同じ」という意味ではありません。

また、煎じ薬の清肺排毒湯で効果を低下させる可能性を考えて除いている生薬も含まれます。

比べてみると、「同じ」ではないことがわかります。

この場合の「同様」は処方の方向性(方意)が似ていることを意味し、清肺排毒湯と同じ(または同じ効果)を意味しているのではありません

 

「足りないものあり、余分なものもあるが、現状の日本のエキス剤でなんとかしようとした場合の苦肉の処方」と捉えてください。

 

また中国のガイドラインでは「石膏」の量に幅をもたせています。これは「熱」に対して、または石膏の体への影響を考えてのことと思われます。

 

石膏の量を調節したい場合は

「麻杏甘石湯+柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)+桔梗石膏」という組み合わせも考えられます。

 

漢方の場合、適切な処方は人の数だけ存在します。一つの処方を多くの方に使用しようとすると弊害が起こる可能性があります。できるだけトラブルのない形で用意していただけたらと思います。

インターネット上にはたくさんの情報があります。情報は使い方によって利益にも不利益にもなります。

ネット購入してから、「どう使えばいいですか?」というお問い合わせにはなかなかお答えしにくい場合がありますので、購入する前にぜひ漢方薬局にご相談ください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ 

タナココ

問い合わせフォームボタン