黄竜湯《傷寒六節》

相模原,漢方,漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

証治分析:陽明腑実、気血不足証

・大便秘結、腹痛拒按 ← 邪熱が裏に入り、積滞互結

・脘腹脹満 ← 腑気不通

・自利清水、色は純青 ← 大腸が積滞を排除して産生したための仮象

・身熱口渇 ← 邪が熱化し傷津

・神昏谵語甚あるいは循衣撮空 ← 邪熱が心神におよび擾す

・肢厥 ← 邪熱が裏に入り、陽鬱し不達

・神倦少気、舌苔焦黄あるいは焦黒 ← 裏熱実証で気血を耗傷

・脈虚 ← 誤治により気血を傷つけた時のあらわれ

これらは「熱邪と積滞が互結、気血不足」による症状

 

方解:攻下通便補気養血

君:大黄、芒硝、枳実、厚樸

  → 攻下熱結、蕩滌胃腸実熱積滞

臣:人参、当帰、甘草

  → 益気養血、扶正達邪、攻下により傷つくのを防ぐ

佐:桔梗 → 宣肺通腸腑

佐:生姜、大棗 → 養胃和中

使:甘草 ← 調薬を兼ねる

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

温水洗浄便座