麻黄湯《傷寒論》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

麻黄湯《傷寒論》

証治分析:外感風寒表実証

・悪寒 ← 衛陽が鬱滞、肌表が温煦を失う

・発熱 ← 衛陽が鬱滞、正邪が交争する

・無汗 ← 腠理が閉塞、営陰が鬱滞する

・頭痛、身痛 ← 太陽経気が不利となり、 営衛の運行が不暢

これらは「風寒束表」による 症状

・喘 ← 肺気が宣発できず ← 風寒束表

・苔薄白、脈浮緊 ← 風寒束表のあらわれ

 

方解:発汗解表、宣肺平喘

君:麻黄 → 発汗解表、宣肺平喘、衛気の鬱滞を発散する

臣:桂枝 → 発汗解肌、温経止痛散寒、透達営衛を透達し、発汗解表

   → 麻黄・桂枝で邪気を除き営衛を和する

佐:杏仁 → 麻黄と合わせて使用することで肺気を降ろし、 一宣一降の働きで宣肺平喘の効果を強める

使:甘草 → 調和諸薬、 麻黄・桂枝の峻烈の性質を和らげる

 

妊活 体調回復・痛みの解消 漢方薬局・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ 

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院