香蘇散《太平恵民和剤局方》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

香蘇散《太平恵民和剤局方》

証治分析:外感風寒気鬱不舒証

・悪寒発熱、頭痛無汗 ← 風寒客表、毛竅閉塞、衛気が鬱して外達できず、営気が滞りスムーズに流れない

・胸脘痞悶、食欲不振 ← 肺が宣降できず、脾胃の働きに影響し、気機が伸びやかにならず、あるいはもともと肝胃の気滞があり、運化昇降が不利

・舌苔薄白、脈浮 ← 風寒束表のあらわれ

これらは「風寒が外束し内に気滞」による症状

 

方解:疏風散寒理気和中

君:蘇葉 → 腠理を開き散風寒を散じ、合わせて芳香化濁し、肺胃気滞を整える

臣:香附 → 三焦の気を整え、蘇葉と相配すると発汗解表するとともに行気和血もできる

佐:陳皮 → 肺脾の気を整え、化湿散滞し香附と合用すると調気和血し、君臣薬の散風寒、行気滞の働きを助ける

使:炙甘草 → 和中調薬

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ 

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院