食欲が抑えられない

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

春は環境の変化も多く、ストレスが溜まりやすい季節です。

これからの時期「最近、食欲が抑えられない・・・」と感じるような場合は、ストレスが影響しているかもしれません。

 

食べても食べてもお腹が空く、満足感がない・・・という場合は中医学では胃に熱が滞る「胃熱」の影響と考えます。

 

ストレスにより、気が滞り胃腸の働きが低下しますが、停滞は熱を生み、その熱は一過性の機能亢進のような症状を作り出します。

これが「食欲増進」となってあらわれます。

基本的には機能は低下していますので、体に良い状況ではありません。

 

このほかに、胸焼け、胃痛、冷たいものが食べたくなる、口が渇く、口臭がきつくなる、便秘などの症状もみられることがあります

 

また、この時に、辛いもの、油っこいもの、甘いものを摂ってしまうと「熱」を悪化させ体調をより悪化させてしまいます。

 

こんなときはまず、食生活を見直し、熱を取る食べ物を意識してとるようにします。

薬膳的には、こんにゃく、豆腐、緑豆、きゅうり、ごぼう、とまと、セロリ、なす、しじみ・あさりなどの貝類、昆布・わかめ・もずくなどの海藻類などがおすすめです

果物も熱を取ってくれるのでグレープフルーツ、キウイフルーツなども適量取り入れてみましょう。

 

胃熱をとるのに良いと言っても食べ過ぎは禁物です。

もともと胃の機能低下があるので、症状の悪化につながります。

 

このほかにはストレス解消のためのリラクゼーションや環境改善もお忘れなく。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

感情が引き起こす症状

次の記事

胎教