食事炎症指数

ご飯 | タナココ薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

食事炎症指数とは

食事を構成する食品や栄養素などは、体の慢性的な炎症に関係することが知られるようになってきました。どの食品・成分が炎症を促進するか、抑制するかを数値化したものに「食事炎症指数」というものがあります。

食事炎症指数が高いと

この食事炎症指数が高い食生活を送っている人は大腸がん、乳がん、膀胱がん、胃がん、喉咽頭がん、腎臓がんなどや、骨折、死亡、循環器疾患、抑うつのリスクが高いことがいろいろな研究で示されています。

この値がプラスだと炎症を促進し、マイナスだと炎症を抑制します。炎症を促進するのか、抑制するのかの判断は、体内の炎症バイオマーカーへの影響を見ているようです。

食事炎症指数の高いもの

食事炎症指数の高いものとしては

 Sarurated fat(飽和脂肪) +0.373
 Trans fat(トランス脂肪酸)+0.229
 Cholesterol(コレステロール)+0.110
 Carbohydrate(炭水化物)+0.097
 Vitamin B12(ビタミンB12)+0.106

などがあります

食事炎症指数の低いもの

食事炎症指数の低いものとしては

 Fibre(食物繊維)-0.663
 β-Caroten(ベータカロチン)-0.584
 Isoflavones(イソフラボン)-0.593
 Vitamin A(ビタミンA)-0.401
 Vitamin C(ビタミン C)-0.424
 Vitamin D(ビタミンD)-0.446
 Vitamin E(ビタミンE)-0.419
 Vitamin B6 (ビタミンB6)-0.365
 Mg(マグネシウム)-0.484
 Zn(亜鉛)-0.313
 n-3 Fatty acids(オメガ3脂肪酸) -0.436
 n-6 Fatty acids(オメガ6脂肪酸)-0.159

などがあります。

このほか

 Garlic(ニンニク)-0.412
 Ginger(ショウガ)-0.458
 Onion(玉ねぎ)-0.301
 Turmeric(ターメリック)-0.785
 Green/black tea(緑茶・紅茶)-0.536
 Pepper (コショウ)-0.131

なども抗炎症作用があるようです。

食事 | タナココ漢方、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ
漠然と体に良さそう、悪そうと思っていた食品・成分がこのように数値化されると具体的に気をつけたくなりますね。


今回の内容は

The Dietary Inflammatory Index: A New Tool for Assessing Diet Quality Based on Inflammatory Potential

を参考にしました。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ

タナココ

次の記事

インフルエンザ治療薬