風邪とインフルエンザは同時にかからない!?

ウイルス | タナココ薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

毎年のことですが、インフルエンザが猛威を振るっています。

風邪とインフルエンザの関係

この時期のつらい症状は「風邪」なのか「インフルエンザ」なのかどちらかであることが多いと思います。
症状が出て受診して、陽性か陰性か検査をして、陽性だったら「インフルエンザ」陰性だったら「風邪」と判断しているのではないでしょうか。

インフルエンザも風邪もウイルスによる感染症ですが、原因とするウイルスは異なります。

これら二つのウイルスに両方に同時に感染することはないのでしょうか。

ウイルス | タナココ薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

英グラスゴー大学英国医学研究会議(MRC)ウイルス研究センターの研究グループが行った大規模研究の報告です。

同時に感染することはない!?

以前より風邪とインフルエンザは同時に感染することは少ないとされてきました。そこで確かめるために2005年1月から2013年12月の間に3万6,157人の患者における4万4,230例を検査しました。

呼吸器系のウイルス11種類についての感染を調べたところ、A型インフルエンザウイルスと、風邪の一般的な原因ウイルスであるライノウイルスには、同時に感染しにくくなる仕組みがあることがわかりました。

同時に感染することがないわけではないのですが、A型インフルエンザに感染している場合、ライノウイルスに感染する率が約70%低かったということがわかりました。

この研究でわかること

この研究では、インフルエンザが流行する冬の間は、風邪のウイルスによる感染が減少する傾向があり、これは呼吸器系に感染するウイルスが感染の場所をめぐり、争っている可能性があると推測されます。

このような挙動を詳細に調べることで、インフルエンザの流行を予測したり、その制度を向上させたり、また感染の広がりをコントロールための対策の改善に繋がる可能性があり、また論文の筆頭著者は「サバンナでライオンとブチハイエナが餌を奪い合うように、呼吸器系ウイルスも、気道内の資源をめぐって争っている可能性がある」と推測しています。

ウイルスの世界も勢力争いが大変そうです。

年末年始、インフルエンザや風邪に感染しないよう、十分ご注意下さい。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ

タナココ

前の記事

セルフ指圧の効果

次の記事

ヨガの効果