薬を飲めば改善する!?

肥満,遺伝,漢方薬局,相模原,タナココ

血圧が高かったり、コレステロールが高かったりする場合、お薬を飲む前に生活習慣を見直すことは重要です。

しかし、中には「薬を飲んでいるから大丈夫」と生活習慣を変えずに生活をする方や、生活習慣への指導をせずに「お薬出しておくのでしばらく様子をみてください」というだけの診察で済ましてしまっているケースに遭遇することがあります。

さて、このような場合、本当に効果的な治療になっているのでしょうか。

検証した研究があります。

2000年~2013年に4年間隔で2回以上の連続した調査に回答した40歳以上を対象に行われました。

その結果・・・

生活習慣の指導や介入がなく、薬のみで治療を始めた方の、BMIは増加し、身体活動も減少していました。

 

健康的な生活習慣の代わりに薬を飲み、不健康な生活を継続した結果なのかもしれません。一方で、アルコールの摂取量、喫煙は減少していました。薬とお酒やタバコと薬の相互作用を心配した可能性があります。

 

血圧やコレステロールは高くても基本的には症状がありません。何かしらの症状が出る時は、重篤な状況が引き起こされた時です。

血圧、コレステロールが高いときは、薬を飲みだけでなく、生活習慣の改善も合わせて行う必要があります。血圧・コレステロールが薬で低く抑えられたとしても、肥満や運動不足はやはり病気のリスクです。

 

健康で長生き。タナココは、漢方・鍼灸・接骨で応援します。

相模原 妊活/不妊治療・痛みの解消 漢方薬局・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

相談してみる