緑内障とコーヒー(カフェイン)

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

日本はコーヒーの消費量が世界で第4位で、コーヒー好きの人が多い国です。

 

緑内障の方は、眼圧をあげるからカフェインの摂取はよくないと言われていたため、緑内障の治療している患者さんには、コーヒーが好きでも食生活での注意点としてコーヒーを飲まなように(担当医の許可が出ている場合を除き)注意するように説明をしていました。

コーヒー好きの人には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

コーヒーと緑内障の関係について調べた研究は多くありませんがいくつかあります。2012年の研究では、カフェイン入りのコーヒーを1日3杯以上飲んだ場合は緑内障のリスクを高くするという報告があります。

今までは緑内障の人にはどうしても飲みたい場合はカフェインレスをおすすめしていましたが、先日、驚くような報告がありました。

 

9,850 人の日本人データを解析し、コーヒーをよく飲んでいる人ほど眼圧が低いことを発見したという報告がありました。

驚きました。

 

新聞でも取り上げられていましたね。

 

実際はどっちなんだ!? という感じですがやはりなぜ眼圧が下がるのかがわかっていないので、お墨付きが出たというわけではありません。研修者によれば、緑内障の治療や予防の目的でコーヒーを摂取することを推奨するものではないとのことです。

 

 

近年コーヒーの健康に対する作用については様々な報告があります。

・認知機能が低下しにくい

・糖尿病になりにくい

・心血管疾患にかかりにくい

・いくつかのがんになりにくい

 

これらに

・飲んでいると眼圧がやや低い

 

という内容が追加されるかどうかは、今後の詳細な臨床研究を待たなければなりませんが、「大丈夫ですよ」と言えるだけの研究報告が出ることを期待したいです。

眼圧のコントロールには西洋医学的な治療+漢方の組み合わせが役立つことも多いですので、気になる方ご相談ください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院