納豆をよく食べる人は骨折しにくい

納豆,死亡率低下,骨折予防

45歳以上の女性1,417人を15年間、食品摂取の頻度を追跡した調査です。

納豆を1週間に1パック未満しか食べない人の骨折発生率を1とした時の骨折の割合を見てみると、
 1-6パック食べる人 0.72
 7パック以上食べる人 0.51
と多く納豆を食べる人の骨折発生率は低下していました。

納豆は大豆食品ですが、この傾向は他の大豆食品には見られなかったそうです。

大豆 | タナココ薬局、接骨・鍼灸院、よもぎ蒸し、カフェ

他の大豆食品にない栄養素してはビタミンKがありますが、どうやら骨折率の発生の低下にはこのビタミンKが関与しているのではないかとのことでした。

日々の生活に納豆を取り入れて骨を強くしましょう。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

前の記事

黄砂が妊婦に与える影響

次の記事

流産予防