竹葉柳蒡湯《先醒斎医学広筆記》

相模原,漢方,漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

竹葉柳蒡湯《先醒斎医学広筆記》

 

証治分析:麻疹初起でひどく内に熱が鬱し、外寒困束不出証

・麻疹透発不出 ← 麻疹初起に甚だしく内熱が鬱し、外達できない、あるいは外寒困束で疹毒が内陥

・あるいは高熱無汗、あるいは有汗だがすぐに汗が収まる ← 内熱が鬱して甚だしく、あるいは外寒困束、腠理復閉

・喘 咳 ← 熱不得泄、肺困気逆

・煩悶躁乱 ← 裏で熱鬱、熱擾心神

・咽喉腫痛 ← 郁熱上擾、熱毒傷津

これらは「熱毒内壅あるいは外寒困束により疹毒内陥」の症状


方解:透疹解表、清熱生津

君:西河柳 → 血分に入って発泄、よく透疹させる

君:牛蒡子 → 風熱散じて解毒

君:竹葉 → 上焦煩熱を清泄

臣:荊芥、干葛 → 腠理を開き、皮毛を疎にして、透疹を助ける

臣:知母、玄参 → 煩熱を清して、津液を生み、裏熱の清泄を助ける

佐使:薄荷 → 辛涼、風熱を散じ、透疹する

佐使:蟬蛻 → 肺熱を泄し、疏風透疹する

佐使:麦冬 → 清熱、生津

佐使:甘草 → 和中解毒、調和諸薬

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院