温脾湯《備急千金要方》

相模原,漢方,漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

証治分析:陽虚寒積証

・便秘 ← 脾陽不足、寒が中から生じる、喜食生冷、腸間に冷積し寒実

・腹痛、臍下絞結、臍周囲の痛みが止まらない ← 寒実冷積が腸間に止まり、寒による収引の性質で痛みが生じる

・手足不温 ← 脾陽不足で四肢に熱が行き渡らない

・苔白不渇、脈沈弦して遅 ← 陽虚有寒、冷積内停のあらわれ

これらは「脾陽不足、寒積中阻」による症状

 

方解:攻下冷積、温補脾陽

君:附子 → 温補脾陽、袪除寒邪

君:大黄 → 瀉下攻逐積滞

  附子・大黄で温下して寒積を攻逐

臣:芒硝、当帰 → 潤腸軟堅、大黄の瀉下攻積を助ける

臣:乾姜 → 温中助陽、附子を助け温陽袪寒する

佐使:人参、甘草 → 益気補脾

佐使:甘草 → 諸薬の調和

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ 

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

次の記事

慢性疼痛と漢方新着!!