柴葛解肌湯《傷寒六書》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

柴葛解肌湯《傷寒六書》

 

証治分析:外感風寒鬱+化熱証

 

・悪寒減軽、身熱増盛 ← 外感風寒、寒郁肌腠化熱

・頭痛無汗、脈浮 ← 表寒が解けていない

・心煩不眠、眼眶痛、咽干耳聾、鼻干、脈微洪 ← 邪が裏に入り化熱し陽明、少陽を犯す

 

これらは「太陽表邪が解けず、裏に入り化熱」の症状

 


方解:解肌清熱

君:葛根、柴胡 → 解肌清熱

臣:白芷、羌活 → 表邪を散じて、頭痛を止める

臣:黄芩、石膏 → 清泄裏熱

佐:桔梗 → 宣利肺気

佐:芍薬 → 甘草と合用し斂陰和営、疏散しすぎて傷陰するのを防ぐ

佐:生姜、大棗 → 調和営衛

使 甘草 → 調和諸薬

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院