月の満ち欠けと睡眠

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

中医学では、人の体は月の影響を受けると考えます。

 

 

・新月 → 満月は体のエネルギーが充実する時期で、体調も良くなります。

・満月の頃はエネルギーがピークに達し活動性も高まる時期です。

・満月 → 新月の時期は、活動期を過ぎ次の周期に向けて体を回復させる時期になります。

 

月の満ち欠けと睡眠への影響を調べた研究があります。

 

報告によれば、満月の前の3~5日は寝る時間が遅く、睡眠時間が短くなる傾向があり、新月前の数日間は、最も睡眠時間が長くなるようです。

 

中医学的にみても、満月の頃は体が充実することで、むくみ、頭痛、不眠が見られることがあります。

 

中医学的な認識と、西洋医学的な一致したケースですね。自然の周期に影響受けやすい方は、月の満ち欠けを意識した体調管理をしましょう。

 

体調管理に不安がある方は、漢方でお手伝いいたします。ご相談ください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院