春は血虚に注意

春、血虚<相模原 漢方 鍼灸 接骨 タナココ>

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

中医学的には、春は冬から目覚めて、活動のために「血」がたくさん必要になる時期です。そのため春は「血虚」に注意です。

 

血虚になると、動悸。不眠、冷え、月経失調、不安、不眠、爪の割れ、乾燥肌などが見られます。

 

春は過ごしやすい季節でありながら不調が起きやすい「未病」の季節ですので、しっかりと「血」のケアをしましょう。

 

漢方で「血」を補う処方もありますが、まずは食事に気をつけてみましょう。

 

血の不足には

黒豆、しめじ、人参、ほうれん草、棗、ぶどう、黒ごま、鰻、牡蠣、鮭、鯖、ひじき、鰤、鴨肉、牛肉、卵

などが「補血、養血」の働きがあるとされている食材でおすすめです。

 

それでも様々な症状が出てつらい・・・という場合はご相談ください。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

月の満ち欠けと睡眠

次の記事

感情が引き起こす症状