新型コロナ感染が妊婦・新生児にあたえる影響について

新型コロナ,妊婦,小児,漢方,相模原

こんにちは、相模原 タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

新型コロナウイルス感染症が母体、周産期、新生児の転帰に及ぼす影響についてのシステマティックレビューです。

 

小児に続いて、新型コロナウイルス感染症に感染した妊婦さんについての報告です。

 

今回は324名の妊婦さんを含む、24の研究を解析した結果です。

 

結果は

・年齢は20〜44歳、妊娠5〜41週
・もっとも多い症状は
 発熱
 咳
 呼吸困難、息切れ
 疲労
 筋肉痛
・重度の肺炎の発生率は0〜14%で、多くの症例では集中治療室への入院が必要で、ほぼ全ての症例でCT所見が異常が見られた
・腟粘液、乳汁についてPCR検査を行ったところ、検査結果は全て陰性
・流産は4名
・分娩の大部分が帝王切開
・1分後のアプガースコアは7~10、5分後のアプガースコアは7~10
・出生体重が2500g未満の新生児は8例で、3分の1近くの症例が新生児集中治療室に移された
・咽頭スワブで3名(3/155)がPCRで陽性
・母体死亡9名、胎児死亡4名(双子含む)、新生児死亡3名(双子含む)
・新生児新型コロナウイルス感染2名

 

新型コロナウイルスが及ぼす影響について、だんだんわかってきました。

今後も感染予防の行動は継続していきましょう。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院