新型コロナウイルスの動態について

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。


ウイルス量の動態とウイルス排出の期間は、感染の広がりを決定する重要な要素です。

ウイルス量の動態、ウイルスRNA排出の期間、およびさまざまな体液中のSARS-CoV-2、SARS-CoV、MERS-CoVについてのシステマティックレビューとメタ解析の結果です。

平均SARS-CoV-2 RNAの排泄期間については

上気道:17.0日(最大83日)
下気道:14.6日(最大59日)
便:17.2日(最大35日)
血清サンプル:16.6日(最大60日)

プールされた平均 SARS-CoV-2 放出期間は年齢と正の相関がありました。

持続的に高いウイルス負荷がみられたにもかかわらず、発病後 9 日目以降に生存しているウイルスを検出したという研究報告はありませんでした。

上気道における SARS-CoV-2 ウイルス負荷は発病後 1 週間目にピークがあり、SARS-CoV のウイルス負荷は 10~14 日目に、MERS-CoV のウイルス負荷は 7~10 日目にピークがありました。

報告では、呼吸器および便検体中の SARS-CoV-2 RNA の脱落は長期化する可能性があるが、ウイルスの生存期間は比較的短命であるとしています。

 

「発病後9日目以降に生存しているウイルスを検出したという報告はなかった」

 

今後の感染者への対応も変わっていくかもしれません。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

脱毛・薄毛治療