小青竜湯《傷寒論》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

小青竜湯《傷寒論》

証治分析:外寒内飲証

・悪寒発熱、 無汗、 身体疼痛 ← 風寒束表、皮毛閉塞、衛陽が抑えられる

・咳喘、痰が多く、希薄あるいは痰飲咳喘 ← 表寒が内飲を引働、水寒が射肺、肺が宣降を失う

・胸痞 ← 水飲が心下にあり、気機を阻滞

・干嘔 ← 水飲が胃中に留まり胃気が上逆

・身体疼重、頭面や四肢の浮腫 ← 水飲が皮膚に溢れる

・舌苔白滑、脈浮 ← 外寒内飲のあらわれ

これらは「風寒束表水飲内停」の症状

 

方解:解表散寒温肺化飲

君:麻黄 → 宣肺気、平咳喘

君:桂枝 → 温陽し内飲を化す、麻黄桂枝の二薬で、発汗し散寒解表

臣:干姜、細辛 → 温肺化飲、麻黄、桂枝の解表を助ける

佐:五味子 → 酸収斂気、肺気の耗散を防ぐ

佐:芍薬 → 和営養血、温燥して傷津するのを防ぐ

佐:半夏 → 燥湿化痰、和胃降逆

佐使:炙甘草 → 益気和中、調和諸薬

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ


問い合わせフォームボタン

 

前の記事

加味香蘇散《医学心悟》

次の記事

止嗽散《医学心悟》