大黄附子湯《金匱要略》

相模原,漢方,漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

証治分析:寒積裏実証

・腹痛便秘 ← 裏寒積滞内結、陽気不運

・脇下偏痛 ← 虚寒の気が上逆

・発熱 ← 寒実が腸胃に内結し陽気が内鬱

・手足不温あるいは厥逆 ← 陽虚有寒で四肢まで届かない

・苔白膩、脈弦緊 ← 寒実内結のあらわれ

これらは「裏寒積滞内結陽気不運」による症状

 

方解: 温裏散寒通便止痛

君:附子 → 辛熱温裏、散寒止腹脇疼痛

臣 :大黄 → 瀉下通便、蕩滌裏実積滞

佐:細辛 → 辛温宣通、散寒止痛、附子の温裏散寒止痛の働きを助け、合用することで大黄の寒性を抑制する

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院