大青竜湯《傷寒論》

相模原、漢方、漢方薬局

大青竜湯《傷寒論》

 

証治分析:外寒内熱証

・悪寒発熱、寒熱倶重、身体疼痛、無汗 ← 風寒束表、腠理閉密、営衛鬱滞

・煩躁 ← 表寒外束、鬱熱不宣

・脈浮緊 ← 風寒外束のあらわれ

これらは「外感風寒束表+内熱」による症状

 

方解:発汗解表清熱除煩

君:麻黄 → 発汗解表、外散風寒

臣:桂枝 → 解肌発表, 麻黄の表を開いて散寒する働きを助けて、透達営衛する

臣:石膏 → 内熱を清して煩躁を取り除く

佐:杏仁 → 宣利肺気、麻黄の宣肺達邪の働きを助ける

佐:生姜、大棗 → 表邪を解し, 営衛を和する

佐使;甘草 → 脾を益し諸薬を調和し、麻黄の峻烈の性質を緩和させる

麻黄湯

妊活 体調回復・痛みの解消 漢方薬局・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

麻黄湯《傷寒論》

次の記事

膝の痛みを予防する方法