大承気湯《傷寒論》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

大承気湯《傷寒論》

証治分析: 陽明腑実証

・脘腹痞満 ← 濁気填塞、腑気不通

  ↑

・大便が不通、腹痛で拒按、按じれば硬く塊を触知 ← 裏熱炽盛、傷陰化燥、実熱と積滞が腸中で互結

・潮熱 ← 熱が陽明にあるため、申酉の時刻に旺盛

・谵語 ← 熱が心神を乱す

・手足から絶えず汗がでる – 陽明は四肢を主る、熱が津液を外泄させる

・舌黄燥起刺、あるいは焦黒燥裂、脈は滑実 ← 裏熱熾盛、熱盛傷津、燥熱内結のあらわれ

・熱結旁流証 ← 裏熱実証の熱厥、痙病あるいは発狂など

これらは「裏熱熾盛」の症状

 

方解:峻下熱結

君:大黄 → 袪「実」、苦寒泄熱、袪瘀通便し腸胃を蕩滌し、実熱積滞を取り除く

臣:芒硝 → 袪「燥」、鹹寒泄熱、軟堅潤燥通便

 大黄・芒硝は相須で、峻下熱結の働きが強まり、有形の積滞を瀉する

佐使:厚朴 → 除「満」、苦温下気し消脹

佐使:枳実 → 散「痞」、苦辛破結、導滞消痞、

 厚朴・枳実の組み合わせで熱結の攻下を助け積滞を取り除く

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院