升麻葛根湯《閻氏小児方論》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

升麻葛根湯《閻氏小児方論》


証治分析:麻疹初起

・麻疹不出あるいは発而不透(出るべき発疹が出ない、または不十分) ← 疹毒が皮膚に鬱して、十分透発できない

・身熱悪風、頭痛肢疼、咳嗽、脈象浮数 ← 外邪襲表して肺気が宣発を失う

・目赤流涙 ← 風邪疹毒が上攻

・口渇、舌紅苔干 ← 熱で津傷

 

これらは「疫毒の邪が肌表に鬱した」の症状

 

方解:解肌透疹

君:升麻 → 辛甘性寒、解肌透疹

臣:葛根 → 辛甘性涼、解肌発表、昇津除熱

佐:芍薬 → 和営泄熱

佐使:炙甘草 → 調和諸薬、芍薬と用いることで益陰の働きを増強

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院