加減葳蕤湯《通俗傷寒論》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

加減葳蕤湯《通俗傷寒論》

証治分析:素体陰虚外感風熱証

・頭痛身熱、微悪風寒 ← 外感風熱の邪、衛陽が鬱す

・咳嗽 ← 風熱犯肺、肺が清粛を失う

・無汗あるいは汗は出るが多くない ← 邪は実で腠理が閉じて汗が出ない、または熱により津液がそこから漏れ出る

・口渇 ← 熱邪が津液を傷つける

・咽乾心煩、舌紅脈数 ← 陰虚外感風熱のあらわれ

 

これらは「素体陰虚、外感風熱」による症状

 

方解:滋陰解表

君:葳蕤 → 滋陰潤燥、潤肺養胃、清熱生津

臣:葱白、淡豆豉、薄荷 → 疏散外邪

佐:白薇 → 味は苦で性は寒のため降泄の性質で、清熱するが陰を傷つけない

佐:桔梗 → 宣肺止咳袪痰

佐:大棗 – 甘潤養血

 これらの佐薬は君薬を助け滋陰潤燥する

使 甘草 → 調和諸薬

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

 

前の記事

再造散《傷寒六書》

次の記事

めまいの漢方治療について