加味香蘇散《医学心悟》

相模原,漢方,漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

加味香蘇散《医学心悟》

証治分析:風寒感冒の軽証

・発熱悪寒、悪風無汗 ← 四時風寒束表、 表実

・頭痛項強、身体疼痛 ← 風寒が外束し太陽の経気不利

・鼻塞流涕 ← 風寒束表、肺気不宣、鼻は肺竅

・胸脘痞悶、不思飲食 ← 脾胃気機が不暢

・苔薄白、脈浮 ← 風寒束表あらわれ

これらは「風寒外束、内有気滞」の症状

 

方解:発汗解表理気和中

君:蘇葉、荊芥 → 開腠理、散風寒

臣:防風、秦艽 → 肌腠の風湿を除き、身痛を除く

臣:蔓荊子 → 昇散除風、頭痛を止める

佐:川芎 → 血中の気をめぐらせると風はなくなり頭痛は止む

佐:香附 → 三焦の気をめぐらす

佐:陳皮 → 肺脾の気滞をゆるめる

使:甘草 → 和中調薬

使:生姜 → 辛散解表

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせフォームボタン

 

次の記事

小青竜湯《傷寒論》